地上の楽園へ。小浜大阪ほっこの旅 #4|4日目・昼

3月4日の朝。 昨日泊まった美ら宿さんでチェックアウトまでゆっくりと過ごし、それから同じ商店街内にある喫茶店に行くつもりだったのですがあいにく店は開いておらず。結局、いつもの離島ターミナルにやってきました。ここには売店もいくつかあり、座る場所…

旅のはじまり。小浜大阪ほっこの旅 #3|3日目

3月3日の朝。 いつものように朝からシャワーを浴び、他の部屋に響かないように窓から顔を出してドライヤーを済ませ、そーっとドアを開けて真っ暗な寮の廊下に出る。まだ朝の6時を過ぎた頃とはいえ、日本最西端に近い小浜島の朝は遅く、外はまだまだ暗いので…

サザンゲートと猫の島。小浜大阪ほっこの旅 #2|2日目

時は3月1日の夕方。 2月の終わり頃から少しずつ荷造りはしていましたが、退職日である2月28日から3日以内に社員寮を出ないといけないため、ギリギリにならないように余裕を持って荷造り。夕方になってふと窓から顔を出してみると、ちょうど太陽も雲から顔を…

プロローグ。小浜大阪ほっこの旅 #1|1日目

おーりたぼーり!海と星空が大好きなほっこです! Twitterでは今年に入って間もない頃にカミングアウトしましたが、去年から2月末にかけて八重山諸島の小浜島で住み込みのお仕事をしていました。この『小浜大阪ほっこの旅』は小浜島から地元・大阪に帰るまで…

恩智越・立原道を歩く #3

思いがけない危険が待ち構えていた立原道を無事に抜け、すっかり風化が進んだ展望台を経て高安山へ。しかし、去年からイノブタの被害が増えているという墓地の張り紙を見つけ、さらにはあたりが刻一刻と闇に包まれていく… (『恩智越・立原道を歩く #2』より…

恩智越・立原道を歩く #2

10年ものブランクを経て足を踏み入れるも、当時とはすっかり様相が変わってしまっており、失われた道や急な斜面を相手に苦戦を強いられた『立原道』。いつしかその先には青空が見え始め… (『恩智越・立原道を歩く #1』より) どこまでも高く広がる空。 たど…

恩智越・立原道を歩く #1

久しぶりのブログ記事になってしまいました。 最後に更新した12月の前後、それから今に至るまでバタバタとしていましたが(今となっては来訪者のほとんどがTwitter経由なので言うまでもないですけど)、そのことについてはもう少しあとで。 二日前、久しぶり…

レスカ

「構内喫茶」のその後の話。 ハルカスにキューズモール、さらに天王寺動物園の周りがきれいになったりと、ここ数年で随分と変化した天王寺ですが、変わらないものがあるとほっとしますね。病院に行ったのち、心斎橋にもう一つ用事があったので歩いて向かうこ…

構内喫茶

最近、昔ながらの洋食屋を巡るのが趣味の私ですが、この日は定期検診で天王寺へ。予約が昼過ぎだったので、お昼を済ませるべくいろいろ調べるも、なかなか行きたいお店が見つからず。どうしようか迷っていたところに天王寺駅の中に喫茶があるという情報が… …

三日月と街

ー 2枚目、そして5枚目の赤い光は恩智城址公園のもの。 6枚目の左下、空をぼんやりと照らしているのは長居競技場の光。その隣にはマンションとハルカス。意外といろんなものが見える八尾の夜景です。場所によっては南河内の人以外には知られてなさそうなPLの…

霧と桜

恩智城址に行った前日のこと。 この日は朝から霧に包まれていました。場所によってはすでに葉桜に変わりつつある木もあり、そろそろ晴れてよ…と思いながらしぶしぶ桜を撮る私。八尾に限らず各地ですごい霧が発生していたそうですね。 ー このあたりは恩智よ…

恩智の桜 III

写真を撮っているときに「恩智のモンか?」と気さくに声をかけてきたおっちゃん。軽く会話を交わしてから、しばらくすると冷えたペットボトルのお茶を持ってきて「これ飲んで頑張ってや」と。この日の昼間と前日の夜に開催されたという桜祭り。その打ち上げ…

恩智の桜 II

恩智城址公園のすぐ西側にある石垣。この上には恩智城址の石碑が建てられており、公園から階段で上がることができます。鎌倉時代に築城され、南北朝時代にあえなく落城したとされる恩智城。明治時代に小学校の敷地として使われたこともありました。4枚目のレ…

恩智の桜

こんにちは。ほっこといいます。 これまでは6年ほど「ホッコの部屋」というタイトルでブログを書いていましたが、内容を一から整理したいと思い、新しくこのブログを作りました。 日々の中で、心に響いたものを写真に残しています。ゆるりとお付き合いくださ…